「高品質」が叶える快適と安心

鉄を知り尽くすトヨタホームの防錆技術

鉄骨の構造体を守りぬく、
きめ細やかなサビ対策。

鉄の劣化の原因となるサビは、柱の傷や防錆塗装のムラなどわずかな隙をねらって発生します。
トヨタホームは、鉄の長所を最大限に生かすため、
適切なサビ対策を実施。長く住める家づくりに取り組んでいます。

サビ発生の原因となる柱の傷や防錆塗装のムラを徹底管理。

裏側までしっかりサビ止め
鉄骨加工後の電着塗装で、裏側までしっかりサビ止め。

鉄骨の裏側や小さな部品も、「カチオン電着塗装」によって、しっかりと防錆処理を施しています。

場所に応じたサビ止め
溶接部分や床下など、場所に応じたサビ止め。

湿気の多い床下には「高耐久メッキ鋼板」にカチオン塗装を施し、溶接部を防錆テープで保護しています。

傷がつきにくい
自社工場で徹底管理。だから傷がつきにくい。

鉄骨ユニットは壁などを取り付けた状態で出荷。建築現場で作業しないため鉄骨に傷がつきにくくなります。

クルマづくりから生まれたトヨタホームの防錆技術。

トヨタホーム独自の防錆技術、
カチオン電着塗装。

カチオン電着塗装は、クルマづくりの技術とともに培われてきた防錆技術です。 塗料の入った電着槽に鉄骨を丸ごと浸し、耐久性の高い樹脂塗料を電着させることで、鉄骨の表面を強固にガード。
鉄骨の裏側や、ドッキングプレートなどの小さな部品など細かな部分にも、ムラのないサビ止めを施しています。

その防錆品質は、
築20年以上の建物で実証されています。

床下は、住まいの中で特に湿気が多く、高温多湿な夏場には錆びやすくなる場所です。築20年以上のトヨタホームの家の床下を確認したところ構造体の耐久性に影響を及ぼすようなサビは発生せず、塗装表面は建築当時の美しさのままでした。


「高品質」が叶える快適と安心

ページTOPへ戻る