街づくり事例

川越ココロマチ

■所在地:埼玉県川越市  ■総区画数:256区画

公式サイトはこちら

川越ココロマチ

美意識を紡ぐのに相応しい、
「時代を越えて愛される」邸宅街区の創造

時の鐘、大正浪漫通り・・・美しい風景が広がる小江戸「川越」に相応しい、住環境の創造を。
土地の記憶を継ぐ「既存樹の保存」や「蔵造りの街」に調和する街づくりを行うと共に、
大きな空が広がる「電線地中化」を採用。
さらに、人と緑の「繋がり」をもたらすストリートデザインや3つの街区公園など、
様々な交流を促進する場を設けることで、地域コミュニティへの「帰属意識」創出を目指しました。

この街のポイント

川越の中心、全256邸の大規模プロジェクト

徒歩7分圏内に3駅3路線がひかえる立地現地付近空撮写真(2011年6月撮影) ※一部CG加工を施しています。

「川越の中心」という希少立地のもと、全256邸の大規模ビックプロジェクトを実現。

「時の鐘」

江戸の風情を今に伝える川越のシンボル。

約100年の経年美

大正ロマンに想いを馳せる洋風建築。(埼玉りそな銀行川越支店)

美しいファサードデザイン

大谷石調の外壁タイルをはじめ、自然の風合いを感じるマテリアルを採用。

数種類のタイルを貼り分け、外観に変化を持たせた美しいファザードデザイン。

街並みに調和するウォールフェンス

蔵の意匠「土格子」をモチーフとした重厚な風合いの「ウォールフェンス」を採用。

「電線地中化」の街づくり

電線、電柱のある街並みイメージ
(当社施行例写真にCG加工を施しています。)

電線・電柱がなくなると・・・

「電線地中化」により広がる開放的な街並

電線類を地下に埋設した「電線地中化」により、開放感あふれる街並を実現。大空や街路の緑が映える、美しい邸宅風景を創り出します。

交流空間を演出するランドスケープ

セントラルパーク

交流を深める、3つの公園と集会所を設置。「土地の記憶を継ぐ」既存樹(高木)の移植も行いました。

その他の街づくり事例はこちら
ページTOPへ戻る