入居者インタビュー

ディアランド・パームスプリングス

公式サイトはこちら

ディアランド・パームスプリングス

子供も、大人も、みんな仲良し。
「クラブハウス」を中心として、街をもっと良くしようという、
輪が広がっています。

「ディアランド・パームスプリングス」にお住まいのI様

戸建分譲としては希少とも言える「管理組合」が設けられたディアランド。「セコムのタウンパトロールや街路樹の管理など、街を良くするための体制が整っていて、安心ですね」と語るI様。

「住民の交流空間となっている『クラブハウス』は、ハロウィンやクリスマスパーティーなどのイベント、あとはフラダンスを習っている方が多いので、その練習場所としても利用されています。何もない時でも、住民同士が気軽に集まれる場所になっています」。

「クラブハウスを中心に、『住民で街をもっと良くしよう』という輪が広がっていくのを感じています。自分たちも街づくりに参加しているだって思います」。

「道をはさんでご近所さんとバーベキューをしたり......車通りが少ない『広場』のような街路や、開放的な庭先空間があって、自然とみんなが仲良くなれる街ですね」。

「ガーデニングなどを通して仲良くなった方もいらっしゃいますよ。この街では、みんなで美しい街並を維持しようとしていますから、庭の手入れなども皆さんこだわってやっています」。

「雨が降って来たよ、とかちょっとしたことでも、すぐ近所からメールがまわって来るんです。街を巡回してくれるセコムのパトロールは万一の時のために安心ですが、やはりご近所の『つながり』が大切だと実感しています」と奥様。

「玄関先にあるポーチは、向かいの家の方とおしゃべりする空間としてよく使います。ご近所さんは椅子などを置いてお友だちとお茶をしたりしていますよ、それに、ハロウィンやクリスマスの時期になると、ポーチに飾り付けをされるおうちもあって、街全体はすごく盛り上がるんです」
と、笑顔で話されていました。

コミュニティ形成を実現した街づくり
ページTOPへ戻る