トヨタホームの街づくり

交流を育む コミュニティの形成

交流を育む
コミュニティの形成

「出会い」と「ふれあい」を育む街づくりへ。
家々を結ぶ新しい交流空間「道広場」の提案をはじめ、
こだわりの外構デザインなど街への「誇り」と「愛着」を育み、
新しい「故郷(ふるさと)」を創造します。

交流を生み出す仕掛け

「みんなの街」が育つ季節のイベント

『街づくりは、コミュニティづくり』
住まう方同士が交流を深めるワークショップ。

トヨタホームでは、住民参加による定期的なワークショップの開催など、
コミュニティ形成のサポートにも積極的に取り組んでいます。
「寄せ植え教室」や「お庭のお手入れサポート」などのワークショップを開催し、
住まう方同士の交流や街への愛着を促進しています。

寄せ植え教室

玄関や庭先を飾る「寄せ植えづくり」を通じ、住民間の交流を促進。

ハロウィン

本物のかぼちゃを繰り抜いて・・・親子で楽しみながら、ハロウィンのランタンづくり

ハロウィン集合写真

「ハロウィンパレード」や「親子ヨガ教室」などのイベントも開催。


コミュニティ空間の創造

木漏れ日を感じながら、おしゃべりを楽しむ・・・。
道の真ん中に設けられた、「コミュニティサークル」の交流空間。

入居者の方々が毎日通る道の真ん中に、「コミュニティサークル」の交流空間を創造。
この大樹は、心理的な緩衝帯として、クルマの自然な減速を促す働きもあります。
大樹の道広場や遊歩道など、歩くのが楽しくなる街づくりを創造すると共に、
安全性にも配慮したきめ細やかな設計を施しています。

「コミュニティ サークル」の交流空間

街のランドマークとなる大樹の道広場。

「歩車分離設計」を採用した遊歩道

車の通らない遊歩道では、お子様ものびのび過ごせます。

コミュニティ形成を実現した街づくり事例

トヨタホームの街づくり

ページTOPへ戻る