トヨタホームの街づくり

土地の個性を活かした 環境創造

土地の個性を活かした
環境創造

土地の記憶を継ぐ、植栽やエクステリアを採用。
遊歩道や公園といった周辺を取り込む街づくりを行うなど、
その土地の「らしさ」を最大限に活かし
“唯一無二”の環境創造を目指します。

土地の魅力を引き出す仕掛け

無電柱街づくり

大きな空が広がる美しい街並み。
開放感溢れる「電線地中化の街づくり」。

トヨタホームの街づくりにおける大きな特徴として
電線類を地下に埋没した「電線地中化」への先進的な取り組みを行なっています。
大きく広がる空や、街路の緑が映える美しい邸宅風景を創り出します。

電線、電柱のある街並みイメージ
(当社施行例写真にCG加工を施しています。)

「電線地中化」により広がる開放的な街並

電線地中化4つのポイント


「誇り」と「愛着」を育む街のデザイン

街の特別感を創出する街への愛着を
深める仕掛けの数々。

時の鐘、大正浪漫通り・・・美しい風景が広がる小江戸「川越」に相応しい、住環境の創造を。
土地の記憶を継ぐ「既存樹の保存」や「蔵造りの街並み」を行い、
地域コミュニティへの「帰属意識」創出を目指しました。

セントラルパーク

交流を深める公園内に「土地の記憶を継ぐ」既存樹(高木)を移植。

格調のある街並み

蔵造りの街「川越」を想わせる瓦屋根を採用。タイルの貼り分けにも変化を持たせた、美しいファザードデザイン。

ウォールフェンス

蔵の意匠「土格子」をモチーフとした重厚な風合いの「ウォールフェンス」を採用し、街並みに調和しながらも結界性を創出。

環境創造を実現した街づくり事例

トヨタホームの街づくり

ページTOPへ戻る